岐阜県 恵那市 串原 山のハム工房 ゴーバル ごまかしのない安心で安全な手作りのハム・ソーセージ。豚舎での原料豚の飼育から加工まで一貫生産をして販売しております。

山のハム工房 ゴーバル
オンラインショップへ
ここから本文

ゴーバルハムの食べ方

ゴーバルハムをよりいっそう美味しくいただくためのお取り扱い説明書です。一つ一つのこだわりのあるゴーバルのハム。こだわりを持って食べていただきたいと思います。

骨付きハム
骨付き肉に胡椒をまぶしてスモークしたパンチのきいたハムです。しっかりとした弾力と骨の髄から溶けでた旨味が魅力です。
ナイフで削りながらおつまにしたり、削ったハムをお料理に使ってお召し上がりください。食べ終わったあとの骨はスープにすると、コクがでるので余すことなくお楽しみ頂けます。ちょっとハムを食べて、残りをまるごとカレーにするのもおすすめです。
辛さが苦手な方は、胡椒を落としてお使いください。
ショップで購入するレシピを見る
骨付きハムイメージ
骨付きハムはここまで

 

生ハム
豚のロースを、秋に漬け込んで冬を越し、春までゆっくり熟成させました。
深みのある味に仕上がっています。おつまににどうぞ。サラダやピザ、サンドウィッチにもよくあいます。常温に戻すと1枚ずつ奇麗にはがすことができます。
ショップで購入するレシピを見る
生ハムイメージ
生ハムはここまで

 

ヒレスモーク
豚一頭からわずか2本しかとれないヒレ肉を、2~3週間漬け込んでから炭火で焼き、やわらかくスモークしました。適当な長さに切ってから、繊維に沿って縦に裂いてお召し上がり下さい。シンプルな美味しさにファンの多い贅沢な逸品です。
ショップで購入するレシピを見る
ヒレスモークイメージ
ヒレスモークはここまで

 

布巻きロースハム
オーガニックコットンで包んでスモークしましたので、美味しさが閉じ込められ、しっとりと仕上がっています。
やさしい香りが上品なハムです。布をはがしてからスライスして、食べきれない分は、またその布に包んで保存して下さい。
ショップで購入するレシピを見る
布巻きロースハムイメージ
布巻きロースハムはここまで

 

ソーセージ
どのソーセージもそのまま食べられますが、温めた方が美味しくなります。油をひかないフライパンの上で転がすように焼いて下さい。少し張りが出てきたら、少量の水を加え、その水が蒸発してソーセージに軽い焦げめがつくまで焼いてください。長く加熱するとソーセージの中の油が外に出てしまいジューシーさが減ってしまうので、焼きすぎないように注意ください。
ショップで購入するレシピを見る
ソーセージイメージ
ソーセージはここまで

 

ロングサラミ
約一ヶ月間熟成させて作るので、発酵した独特の香りが特徴です。そのまま薄くスライスしてお召し上がりください。固めのパンやピザによくあいます。細く切って、スープのトッピングにするのもおすすめ。凝縮された旨味が溶け出します。
ショップで購入するレシピを見る
ロングサラミイメージ
ロングサラミはここまで

 

キングソーセージ
オーガニックコットンの布にソーセージの生地を詰めて作りました。マジョラムの香りが効いた気品のあるソーセージです。
布をはがして輪切りにし、軽く焼いて召し上がるほか、薄くスライスして、そのままサラダやサンドウィッチにするのもおすすめです。
ショップで購入するレシピを見る
キングソーセージイメージ
キングソーセージはここまで

 

親鶏イタリアンローストチキン
親鶏肉をワインに漬け込み、ローズマリーをまぶして炭火で焼き上げました。若鶏に比べて、肉質は固いのですが味が濃いので、かむごとに旨味が口に広がります。おつまりやサラダ、サンドウィッチの具にしたり、野菜と一緒に煮込んでも美味しいです。
ショップで購入するレシピを見る
親鶏イタリアンローストチキンイメージ
親鶏イタリアンローストチキンはここまで

 

モモチキン
若鶏の骨付きモモ肉をスモークしました。さっぱりとしたスモークの香りが、料理を引き立てます。
そのまま手で裂いてサラダにしたり、サンドウィッチにしても美味しいですし、表面の皮がパリッとするまでオーブンで温めて召し上がるのもおすすめです。
ショップで購入するレシピを見る
モモチキンイメージ
モモチキンはここまで

 

タンドリチキン
若鶏の骨付き胸肉をヨーグルト・トマト・生姜・にんにく・コリアンダー・クミンなどの特製のタレに漬け込んだ後、炭火で焼き上げて作りました。おつまみやサラダ、サンドウィッチにぴったりです。
ショップで購入するレシピを見る
タンドリチキンイメージ
タンドリチキンはここまで

 

生ウインナー
スモークをしていない生の状態のウインナーです。冷凍でお届けしますので、ご自宅で加熱してからお召し上がり下さい。フライパンに冷凍のまま生ウインナーを入れ、150~200ccのお湯を注いで加熱します。水分がなくなって少し焦げ目がついたら完成です。スープに入れても美味しく頂けます。長く煮込みすぎないように仕上げてください。
ショップで購入するレシピを見る
生ウインナーイメージ
生ウインナーはここまで

 

カントリーチョップ
豚ミンチ肉に、特製の香辛料とハーブで味をつけました。シチューやハンバーグ、ロールキャベツ、煮込み料理など工夫次第でいろいろお料理にお使い頂けます。そのままでもお使い頂けますが、炒めた玉ねぎとパン粉を加えるとボリュームも増し、やわらかい食感に仕上がります。
ショップで購入するレシピを見る
カントリーチョップイメージ
カントリーチョップはここまで

 

親鶏のしいたけつくね
旨味がたっぷりの親鶏のミンチ肉に、干ししいたけやネギを加えて、つくね生地をつくりました。丸めてお鍋やスープの具にしたり、照り焼きにしても美味しいです。
ショップで購入するレシピを見る
親鶏のしいたけつくねイメージ
親鶏のしいたけつくねはここまで

 

商品メニュー

  • ゴーバルバザール
  • ソーセージ
  • ハム
  • 冷凍肉
  • ベーコン・チキン
  • ギフト

メインメニュー

  • ゴーバルについて
  • ゴーバルだより
  • 通年会員のお誘い
  • 美味しい食べ方
  • ゴーバルレシピ集
  • アクセスマップ

豚舎から

豚舎から

豚舎に入ると子豚がみんな一斉にこちらを振り向く。
やがてブーブーと、豚舎は煮えくり返る。
子豚はエネルギーのかたまりだ。
twitterボタン facebookボタン